2016年09月22日

2016-9-22

今日は。
田植えシーズンの報告をしてから、ご無沙汰しています。
田植え作業は、約30haあり5月〜6月の1ヶ月ぐらい田植え、田植えの毎日が続きます。
IMG_1347.JPG

今年の田んぼは、水田雑草が少なく、まあまあ順調に育つことが期待できました。
田植えから3か月後の出穂までは、深水を理想に、水管理です。

今回は、水田の動物を紹介します。
なんといっても、一番多いのは、鳥です。
白鷺が一番です。
IMG_1359.JPG
IMG_1366.JPG
IMG_1315.JPG
子供の白鷺は、頭に色がついています。IMG_1353.JPG

次に多いのが、アオサギです。
IMG_1316.JPG

時々、トンビです。
IMG_1344.JPG

地域によっては、日本猿も見られます。ちょっと怖いです。
IMG_1218.JPG

害獣の猪と鹿は、夜行性でめったに見ることができません。
田んぼに入らない様に、電柵や、ネットを張ったりの作業が大変です。
IMG_1414.JPG

昆虫では、トンボの種類が多いです。
IMG_1383.JPG
IMG_1381.JPG
IMG_1386.JPG
IMG_1394.JPG
IMG_1417.JPG
名前は、一切わかりません。

田植えが終われは、三間ライスセンター(三間支店)に水稲育苗用ビニールハウスを去年2棟に続き、今年も2棟増築しました。・・・・・来年の育苗管理に強い味方です。
IMG_1405.JPG
IMG_1406.JPG

7月に入ると、出穂の時期です。その後、1ヶ月ちょっとで収穫となります。
IMG_1399.JPG
IMG_1401.JPG

今年の水稲草刈りは、田植え前・と7月中旬の2回でした。
IMG_1420.JPG
今年は、クボタ自走式草刈り機の大型(3mバー)と中型の二台を導入しました。
IMG_1427.JPG
状況が良ければ、自走式草刈り機は、疲れず3人分は働きます。
しかし、雑草の背が高すぎると、途端に1人以下の仕事になり、また疲れも倍増です。

来年の草刈りは、田植え前・6月中旬・7月中旬の3回体制で考えています。

7月23日
毎年恒例の、水稲作業一段落・フィリピン研修生歓迎会・私の誕生日・宇和島夏祭りを兼ねた食事会を、
お米を納品している東洋軒「晴れや」にて行いました。
焼肉と、お寿司の食べ放題です。
IMG_1430.JPG
IMG_1433.JPG
フィリピン研修生のフランシスは、正装して可愛いいです。
また、愛媛大学農学部の清家君も研修生として参加してくれました。
IMG_1432.JPG
自己紹介もしてくれました。
IMG_1435.JPG
IMG_1434.JPG
清家君には、大学卒業したら、我社に入社してほしいと言ってみましたが、渋かったかな?

我社の「伊達米」PRで、田んぼに看板を建ててみました。
IMG_1559.JPG
水稲部門長の清家君とツーショット!
IMG_1477.JPG
ガンバルゾ!
IMG_1479.JPG

8月9日からは、稲刈り・籾乾燥・籾摺り作業です。
三間ライスセンター(三間支店)の1年に1ヶ月しか動かさない設備です。
IMG_1491.JPG
IMG_1480.JPG
籾摺り機は、今年新調しました。・・・・つまりもなく、品質良い玄米に仕上がったようです。
IMG_1493.JPG

さあ!実ってきました。稲刈りです。
IMG_1533.JPG
IMG_1598.JPG
今年は、またまた新兵器の登場です!
クボタ最新最強120馬力の6条コンバインです。・・・・結果は、去年までの倍速の仕事をしてくれました。
記念に、社員一同写真を撮りました。
IMG_1464.JPG
IMG_1467.JPG

清家君がコンバインオペレーターで、久保田君が圃場アシスタントもみ運搬、藤田君が乾燥・籾摺り担当の3人体制で進めました。
IMG_1520.JPG
IMG_1565.JPG
ちょっと一服!
IMG_1515.JPG
夢のあと。
IMG_1603.JPG
例年の穀物協会出張による米製品検査です。
IMG_1612.JPG
DSC_0007.JPG
DSC_0018.JPG
IMG_1611.JPG
IMG_1609.JPG
玄米の仕上りは良く、一等米です。・・・・今年は、少々早刈り気味でした。収穫量は去年より増量!

8月いっぱいで稲刈り終了。
吉田町分稲刈りはまだだが、今年の水稲部門の仕事はまずまずの出来で終わりそうです。・・・ホッとしました。

今年の我社の稲は、ポット苗栽培で元気苗のため田んぼへの農薬は、田植え後の除草剤一回だけでした。

農薬を極力使わない栽培に、取引のある東洋軒社長が、感動してくれて、「是非、店で扱う四万十和牛の餌に、ワールドファーマーズのわらを分けて下さい。」と、東洋軒社員の方々が圃場に来てくれてわら建て(乾燥)してくれました。
DSC_0043.JPG
DSC_0042.JPG
IMG_1574.JPG

水稲部門は、来年に向けての圃場整備をしています。・・・・水稲部門の花形作業シーズンが終わり、裏方作業シーズン到来です。頑張って!

そろそろ9月も半ば、地道に剪定・草刈り・防除・摘果と裏方作業をしていた柑橘部門が花形作業へとなるシーズンです。

今回は長くなったのまた次回、みかん部門の報告をさせて頂きます。

では、また。






















































posted by ワールドファーマーズ at 12:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: